府中支部の紹介

支部長メッセージ

 

東京都行政書士会   府中支部

支部長 石原 静

 

 私は、平成27年度支部総会におきまして、東京都行政書士会府中支部の支部長に選任され、新たに就任いたしました石原静(いしはらしずか)と申します。

 現在、当支部において推進している、地域の皆さまに向けた事業としましては、まず地域への貢献活動として、各市市民相談の相談員派遣、街頭無料相談の実施、また昨年度から始められた府中市多士業による「事業と暮らしの無料相談会」事業への参加等が上げられます。

 次に、会員に向けた事業としましては、業務研修会や新入会員の交流会の開催、スポーツを通した会員相互の親睦を予定しています。また会員同士の交流や積極的な情報交換の場を提供したいと願っております。

 地域の皆さまに向けた事業のみならず、会員に向けた事業につきましても、支部会員の研鑽や会員同士の結束が、ひいては行政書士に関わる皆さまへのサービスにつながるものとなることを意図しております。

 行政書士会は、「行政書士」という同じ職業でありながら、年齢、職業経験、行政書士資格を得た経緯など、多様な背景を持つ人々の集まりです。その中で、府中市・稲城市・多摩市に事務所が所在するというご縁によって府中支部は構成されています。

 私は府中支部が、行政書士会および行政書士政治連盟という職業団体の一支部であるという事を強く意識しつつも、支部会員お一人お一人との貴重なご縁をとりわけ大切に考えそれが地域貢献へと発展していくような支部運営を目指して参りたいと考えています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

支部組織をご参照ください。